【逆転の発想】ノーベル賞で話題のオプジーボって何?

今回はノーベル医学・生理学賞の受賞で今、日本で一番ホットな話題オプジーボについて簡単にご紹介したいと思います。

 

オプジーボは人が本来持つ免疫力を利用して、がんを攻撃し退治する免疫チェックポイント阻害剤のことで、

これによって、がん治療が劇的に変わるのではないかと言われています。

従来のがん免疫療法

ガン1

従来のがん免疫療法は、免疫細胞に働きかけ攻撃力を高めるというもので、いわば免疫細胞が持つアクセルの加速を促すもので、効果がほとんどないと言われています。

常識破りの免疫治療法とは?

ガン2

ノーベル賞受賞者である本庶氏が約20年前、免疫細胞が持つPD-1という役割不明のたんぱく質を発見し、どのような作用を持つのか実験したところ、免疫細胞が暴走しないように制御する免疫細胞のブレーキであることが分かりました。

免疫細胞から攻撃を受けたガン細胞は手を伸ばしてブレーキ役であるPD-1に結合し、免疫細胞が攻撃できなくなり、ガン細胞は増殖します。

オプジーボがPD-1に結合すればブレーキが外れ、がん細胞への攻撃が行えるようになり、ガン細胞の増殖を抑制できます。

オプジーボへの疑問

疑問1

どういった癌に効くのか?

メラノーマ(現在、日本でも認証済み)・肺がん・腎臓がん・ホジキンリンパ腫(国の承認取得)には効きやすいと言われています。

逆に膵臓がん・前立腺がん・大腸がんにはなかなか効きにくいと言われています。

副作用は?

免疫細胞が暴走することによる副作用はありますが、従来の抗がん剤よりは副作用が小さいと言われています。

それでもメラノーマの治療では現在10人に1人ぐらいの患者さんが重篤な副作用が出ると言われています。

効果に差はあるのか?

リンチ症候群の人には効果が高いと言われています。

なぜなら、リンチ症候群の人は同じ癌でも遺伝子の変異が大きく、免疫細胞がガン細胞を見つけ出しやすくブレーキをとればすぐに攻撃できるからでしょう。

まとめ

希望の新薬として世界中から注目を集めるオプジーボ。

これからの動向に注目する価値が十分にある治療法なのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加