顎の痛み・顎関節症

なぜ、マウスピースをしても改善できなかった顎関節症が当院で改善するのか?

なぜ、マウスピースをしても改善できなかった顎関節症が当院で改善するのか?

こんなお悩みはありませんか?

  • 口が開けにくい。
  • 顎の関節が痛い。
  • 噛み合わせが悪い。
  • 大きな口を開けると「カクッ!」っという音が鳴る。
  • 病院や歯医者さんで顎関節症と言われたけど治らない。

顎の痛みについて

顎関節

顎を開くのが痛いと食事の時にも気を使ったり、そもそも大きな口を開けれないので食事がしにくいと思います。中には、どうせ治らないと思って長年放置してしまって本当に治らなくなってしまっていたり、顎の関節部分の骨がすり減ってしまっている人もいます。

 

これらは早い段階の処置で改善する可能性が高いです。口を開けにくい、大きく開けれない、口を開くと音がする、痛い、噛み合わせの悪さという悩みの場合、この原因となるのが顎の歪みであったり、咬筋という筋肉が硬くなっていることです。
そして、この延長線上に顎関節症があると考えても良いと思います。顎の歪みがきつかったり、顎関節周辺の筋肉が収縮して硬くなってしまっている時は頭痛を引き起こすこともあります。

 

噛み合わせを調整するために歯を削る方もいますが、まずは、体全体の歪みを改善して、それでも良くならない場合でも遅くないと思います。
1度削った歯は元には戻りません

 

<口を開くと音が鳴る>

絵を見て頂くと顎の関節を拡大したものがありますが、その中に青色で塗られた関節円盤というのがあります。

口を開く時この上を下顎骨が滑りながら動くのですが、何らかの圧力で下顎骨と一緒に動き、凸型になった所を顎関節が乗り越える時に音が鳴ります。初期の間は改善が可能ですが、長期間負担にさらされ続けていると改善は難しくなります。

 

<咬筋の硬さ>
左右の咬筋(食べ物を噛む時やしゃべる時など、口の開閉時に働きます)が極端に硬くなってしまっている場合も口が開きにくいと感じます。

夜中に歯ぎしりをしている・知らない間に歯を噛みしめてしまっているというのはこの咬筋が硬くなっている場合が多いです。

 

では、この咬筋はなぜ硬くなるのか?

これには副腎という内臓が大きく関わっています。副腎の機能は、抗ストレスホルモンの分泌や性ホルモンの分泌、高血糖や低血糖時の対応などです。
この副腎が頑張りすぎて疲れてくると、咬筋に反応が現れて硬くなってしまいます。よくあるのが、過度のストレスや甘い物の摂りすぎです。

 

顎の痛みの根本原因・元氣カイロ院の施術について

元氣カイロプラクティック院では、あなたの顎の痛みは「内臓の疲労」から起こる「体の歪み」が原因と考えています。

 

顎の痛みを取るための筋肉骨格へのアプローチに加えて、

・顎の痛みを引き起こす本当の原因である内臓の負担

・体の司令塔である

にもアプローチすると、本来、人が持っている自然治癒力が引き出されて、あなたの顎の痛みが再発しにくくなります。

 

 

循環バランス整体初回限定割引

循環バランス整体電話予約

LINEでの予約