抱っこ時に腰痛にならない為の腰痛ケア

こんにちは。
門真市古川橋の元氣カイロプラクティック院院長の山本です。

 

今日は、産後のお母さんがお子さんを抱っこする時に腰痛が出やすいという事や、保育士さんが子供さんを抱っこする時に腰痛が多いという事なので、その緩和策についてお伝え致します。

 

普段、下に寝転んでいる赤ちゃんを抱き上げる時、しゃがみ込んで腕を伸ばしたままの姿勢で赤ちゃんを抱きあげる事が多いと思います。

 

抱き上げる時に片膝もしくは両膝をついて頂き、赤ちゃんを抱っこして、腕を縮め一旦手元に引き寄せてから立ち上がって下さい。

 

この方法をとって頂くと、腰にかかる負担がずいぶん緩和されます。

 

そうすると、腰痛も出にくくなってきますのでぜひ、お試しください。

 

補足

今回の動画では「赤ちゃんが寝転んでいる時」ということでお伝えさせて頂きましたが、立つようになってからもお子さんが小さい間はしゃがんでから抱っこをすると思います。

 

中にはしゃがまずに腰だけを深く曲げた状態で、抱き上げる方もいらっしゃるかもしれませんね。
こういう抱き上げ方は、腰痛が起こりやすく、慢性腰痛がある方や以前にぎっくり腰を経験したことがある方は、腰痛やぎっくり腰になりやすいです。

 

お子さんが小さい間は、動画でご紹介したように、一旦、片膝か両膝を地面について抱っこするように心がけて下さい。

 

たったこれだけのことですが、腰痛を引き起こしにくくなります。
特に普段から慢性腰痛を持っておられる方にはおすすめいたします。

 

抱っこによる腰痛改善に最適なコースは!

産後の骨盤矯正料金

初回限定web割引

LINEでの予約!

お電話でのご予約

元氣カイロ院アクセスマップ

大阪府門真市幸福町28-15クレアドール1F
TEL 06-6905-3338
京阪古川橋駅から北へ徒歩5分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加