立っていると肩から腕にかけて痛みが出る主婦

お客様:50代前半女性

来院:2017年6月

最も改善させたい症状 : 右側の肩・肩甲骨から腕にかけての痛み・だるさ・しびれ

来院経緯とカウンセリング

院長:

今回お困りの症状は、肩と肩甲骨から手にかけての痛みと抜けるようなだるさ、さらに、しびれがあるという事ですが、症状が出てから今日までの経緯やどうした時に特に痛むかを教えて頂けないでしょうか?

Sさん:

4~5年位前から腕のだるさが出始め、だんだんだるい範囲が広がり始めました。
ひどくなり始めたのは2年くらい前で、今では立っていたり座っているなど同じ姿勢をしていると、肩甲骨や肩から腕にかけて痛だるさとしびれ感が出てきます。

 

病院ではストレートネックと言われてブロック注射をしましたが効果はなく、マッサージや整骨院にも行きましたが、全く変化はありませんでした。

 

私の症状はもう治ることはないのでしょうか?

 

院長:

そうだったんですね。
ずいぶん不安だったことと思います。

 

治るかどうかは検査や施術をしてみてからでないと、今の段階では言えないのですが、同じような症状で改善された方がいらっしゃいますので、改善できる可能性はあると思いますよ。

 

では、今から検査と施術をさせて頂きますね。

 

検査

内臓 → 肝臓・腎臓・すい臓に負担がかかっているようだ。

 

筋肉骨格 → 右腕で肩甲骨の可動域が上がり、痛みが軽減する。

施術

(初回)

体の状態が全体的に良くなるための土台作りの施術。
体の水分循環を促す施術、肝臓・腎臓・すい臓の負担を軽減する施術。右手首を矯正して負担軽減。
最後に頭の調整。

 

施術終了後、肩や肩甲骨の痛みとしびれが軽減。

 

(2回目の施術)

3日後の施術。

前回の施術終了後に肩や肩甲骨の痛みとしびれが軽減していたが、2日間しか持たず、今朝からは元に戻った感じとの事。

 

検査してみると、症状は戻っているようだが可動域は少し戻り感があるものの改善されている。

 

初回同様に体の水分循環を促す施術、肝臓・腎臓・すい臓の負担軽減、右手首を矯正して負担軽減する施術に加え、右前腕と右肩甲骨へのアプローチ。
最後に頭の調整。

 

(3回目の施術)

1週間後の施術。

前回の施術終了後も初回同様に肩や肩甲骨の痛みとしびれが軽減していたが、3日間しか持たず、4日目からは元に戻った感じとの事。

 

とても施術の持続が良くない。
こういった場合、日常の食べ物に問題がある場合が多く、糖質を少し減らして貰うことをご提案。

 

施術は体の水分循環を促す施術、肝臓・腎臓・すい臓の負担軽減、右手首を矯正して負担軽減する施術に加え、右前腕と右肩甲骨へのアプローチ。
最後に頭の調整。

 

(4回目の施術)

10日後の施術。
糖質を減らした効果もあったのか、戻り感はあるもの症状の程度は少し良くなっているとの事。

 

糖質による影響はあったものの他にも問題があるかもしれないので、再度、原因究明の検査を行なった。
その結果、問診時の「立っていたり、座っていると、症状がきつくなる。」ということから脚全体に検査を行なったところ、足の指・太ももの前部分で反応があった。

 

これを元に施術。
体の水分循環を促す施術、肝臓・腎臓・すい臓の負担軽減、足の指・足首・太ももの前部分へのアプローチ。

 

すると、患部や腕を施術していないにもかかわらず、症状はきれいに消えてしまった。

 

(5回目の施術)

2週間後の施術。
立っていても症状が出なくなった。
今は座っている時のみ症状が出てくるとの事。

 

施術は前回同様の施術だが、足の指・太ももの前部分はもう少し踏み込んだ施術を行った。
施術後、症状はすべて消えた。

 

(6回目の施術)

3週間後の施術。
多少、肩甲骨に症状が出る時があるが、今までよりも症状も軽く、おおむね調子が良いとの事。
施術は5回目と同様の施術。

 

次回からは4週間に1回のメンテナンス施術に移行。

 

まとめ

今回はすぐに症状の原因をつかめず、少し苦労しましたが、すぐに原点に立ち返り、もう一度きちんとお客様のお体と向き合って再検査を行なうことで原因を突き止めて施術できたことが思ったより早い改善につながった。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加