手首の痛み・腱鞘炎

なぜ、手首の痛みが当院の施術で改善していくのか?

なぜ、手首の痛みが当院の施術で改善していくのか?

腱鞘炎・手首の痛みでお困りのあなたへ

なぜ、痛くない優しい整体で楽になるのか?

全国の先生方やセラピストに技術指導

2大口コミサイトでNo.1

症状が出る順番とアプローチポイント

当院と他院のアプローチの違い!

矢印(ピンク)

ココロもカラダも元氣に!

こんなお悩みはありませんか?

  • 湿布やサポーターをしても良くならない。。。
  • 手首を曲げたり伸ばすと痛い。。。
  • 手を床に着くと痛い。。。
  • 重い物を持つと痛い。。。
  • 子供を抱っこすると痛い。。。
  • ペットボトルのふたが痛くて開けれない。。。

矢印(でも)

大丈夫です。おまかせください!

腱鞘炎・手首の痛みについて

腱鞘炎は手首や手の指にある腱は腱鞘という筒状のものの中を通っていて(足首や足の指にもあります)、そこで炎症が起きている状態です。
つまり、手や指を動かしすぎてしまって、トンネルの中でこすれすぎて炎症が起きているといった感じです。

 

昔から「使い痛み」と言われてきたものの延長線上にあると考えても良いと思います。
特に、同じ作業・パソコン・スマホなどで同じ動作ばかりをやっていて負担をかけすぎている状態で起こりやすいです。

 

バネ指・ドケルバン病なども腱鞘炎の1つで、腱鞘炎が起こる場所によって名前が違います。

 

腱鞘炎・手首の痛み

病院では炎症が起こっている時は「湿布をして固定した状態で安静にしてください。」と言われます。
整骨院などではテーピングをしてくれるところもあります。

 

また、腱鞘炎にはなっていないけど手首が痛かったり、転倒して手をついた時や小さな赤ちゃんを抱っこしすぎて傷めたりなど、様々な場面で手首を痛めてしまう事があります。
これを放っておくと、そこに負担がかかり続けて腱鞘炎のようになることもあります。

 

あなたの腱鞘炎・手首の痛みを楽にするために

腱鞘炎・手首の痛みの場合、をそこ部分に炎症がある場合はご自身でまずは冷やして炎症を収めることが必要になります。

 

当院では、外傷による手首の痛みの場合は手首にある手根骨という7つの小さな骨の動きを1つ1つ確認します。

 

それ以外の日々少しずつ負担がかかって起こった腱鞘炎や手首の痛みにつていは、そこに負担をかけていた原因がどこにあるかなどを探していきます。

 

人それぞれ生活習慣や食べ物・仕事の環境などが違います。ですから、当然のようにその症状を出している原因がどこにあるかが違ってきます。

 

そこで…

  1. 体全体の歪みや内臓の負担を検査して、どの部分に負担がかかっているのか調べます。
  2. それを踏まえ、体の水分(脳脊髄液・血液・リンパなど)循環を改善します。
  3. 内臓の負担や歪みを軽減・改善します。
  4. 再度検査を行い、負担がかかっていた所がどうなったか?まだ、負担がかかっている所はどこかを検査し、さらに、どの部分が一番負担が強いか優先順位が高いかを調べます。
  5. その部分が特定できたらそこにアプローチします。
  6. 体の司令塔である頭へのアプローチが必要であれば、アプローチをします。
  7. 再度検査を行い、改善されているかのチェックをします。

 

このような流れで検査や施術を行っていきますが、初回は治っていくための土台作りの施術が中心となり、あなたの体の状態によってどこまで施術ができるかが変わってきます。

 

2回目以降もあなたの体の状態を見極めながら、上の順をベースに検査・施術を行っていきます。

 

 

循環バランス整体コース施術料金

毎月限定web割引

ご予約お問い合わせお電話・LINEで

LINEでの予約!

元氣カイロプラクティック院までのアクセス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加